人工中絶手術と流産の違い

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

中絶

中絶とは、一般的には医師の手術によって胎児の発育を止め、取り出すことを指します。人工中絶手術とも言います。

※流産や死産の処置には健康保険が適用されますが、人工中絶手術の場合は自費診療扱いとなります。

流産

流産は、妊娠22週未満の時に何かしらの原因によって自然と妊娠の進行が止まってしまい、胎児が死亡することを言います。統計的には、10組中1.5組は胎児が発育せずに、流産になると言われています。なお、流産には「切迫流産」「進行流産」「不全流産」などがあります。

死産

妊娠週数が22週を以降になりますと、流産ではなく死産と言うようになります。ここで区切られている理由は、妊娠22週を超えると母体の外でも胎児が生存可能な状態になるからです。そのため、妊娠22週以降は人工中絶手術を行うことが禁止されています(母体保護法)。

078-821-0303 お問い合わせはこちら