人工中絶手術の流れ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

事前の診察が必要です

人工中絶手術を受けるためには、事前に一度、診察を受けておく必要があります。その際に身体の状態を確認し、進め方やリスクなどについてもすべてわかりやすくご説明をさせていただきます。なお、初診時は予約の必要はありませんので、直接お越しください。

※待合室で他の患者さまに顔を合わせたくないという方へ
待合室で他の方にお会いするのが気になるという方には、病室でお待ちいただくなどの対応も可能です。電話かメールでご相談いただければと思います。
(お問い合わせは、代理人ではなく、ご本人さまからお願いします)

初期中絶手術の流れ(妊娠11週まで)

診察

手術を受けられる前に、事前の診察を行います。
妊娠状態の検査や血液検査を実施し、手術や手続きについてご説明します。また、この時に手術日を予約していただけます。

手術日ご来院

ご案内の日時にお越しください。
(持ち物:同意書、夜用ナプキン、生理用ショーツ)

術前診察、お会計

同意書を確認させていただき、各種注意事項などをご説明した後に、費用をお支払いいただきます。
(クレジットカードは取り扱っておりませんので、現金のご用意をお願いいたします)

術前準備

病室で術衣に着替えていただき、化粧を落とす、コンタクトレンズを外すといった準備をしていただきます。

手術

手術室へ移動し、点滴で麻酔をし、意識がない状態で手術を実施します。
手術時間は10分から20分程度です。

術後診察、ご帰宅

意識が覚めて、自分で歩けるくらいになるまで休んでいただき、その後診察を受けて問題がなければお帰りいただけます。
(車の運転はできませんのでご注意ください)

検診

手術から1週間以内に検診を行います。

中期中絶手術の流れ(妊娠15週以降の場合)

中期中絶手術(妊娠12週以降)の中でも、特に15週以降になると手術の方法が大きく変わりますので、ご説明させていただきます。

診察

手術を受けられる前に、事前の診察を行います。妊娠状態の検査や血液検査を実施し、手術や手続きについてご説明します。
また、この時に手術日を予約していただけます。

前日の処置

妊娠週数が進んでいる方や子宮口が開きにくい方の場合は、前日にラミナリアを使って前処置を行うことがあります。

手術日ご来院

ご案内の日時にお越しください。
(持ち物:同意書、洗面具やパジャマなど宿泊に必要なもの)

術前診察、お会計

同意書を確認させていただき、各種注意事項などをご説明した後に、費用をお支払いいただきます。
(クレジットカードは取り扱っておりませんので、現金のご用意をお願いいたします)

ラミナリア

ラミナリアを使って子宮口を広げます。

プロスタグランディン

分娩促進剤であるプロスタグランディンをいうお薬を挿入します。

流産

お薬の効果で、自然と流産が起きます。

診察、ご帰宅

体調が回復しましたら、退院していただけます。

検診

手術から1〜2週間以内に検診を行います。

妊娠12週以降の事務手続きについて

妊娠週数が12週以上になりましたら、以下の手続きが必要です。なお、当院では代行もしていますのでご希望の方は印鑑をお持ちください。

  • 死産届を提出し、埋葬許可証を発行してもらう。
  • 死産児を斎場へ運ぶ。

注意事項、守秘義務、同意書

注意事項

手術前

  • 手術前日はきちんと食事をして、早めにお休みください。
  • 入院中は食べ物を持ち込んでいただいて構いません。(食事は当院の方でご用意します)
  • 手術当日は、朝から何も食べないでください。ただし、午後から手術を受けられる場合は、お水はお飲みいただけます。
  • コンタクトレンズは外してください。
  • 化粧は落としてください。(顔色を確認できるようにするため)

手術後

  • 適度に身体を動かしてください。ただし、激しい運動は厳禁です。
  • 手術から1週間以内に検診を受けに来てください。
  • 手術後は1〜2週間程度、出血することがあります。
  • 食事、仕事、シャワーは退院した日から可能です。ただし、暴飲、激しい運動、湯船に浸かる入浴は避けてください。
  • 痛みや発熱や出血など、何か不安なことがありましたら、早めにご相談にいらしてください。

守秘義務

私たち医療従事者は守秘義務を負っており、さらに母体保護法でも人工中絶手術を受けられる患者さまの個人情報を漏洩してはならない旨が記載されています。患者さまの許可無く、家族、友人、職場などからのお問い合わせにお答えすることはありませんので、安心してご相談ください。

※警察や司法などの公的機関から、法令に基づく手続きによって情報開示請求があった場合は、当院の判断で対応することがあります。

同意書

人工中絶手術を受けていただくためには、同意書の提出が必要です。同意書には、手術を受けられるご本人の他、パートナーの署名と捺印も必要です。

パートナーとは

  • 正式な配偶者(婚姻関係を持つ相手)
  • 実質敵に夫婦と同様の関係にある相手


ただし、強姦などによる妊娠の場合や、妊娠後にパートナーが亡くなられた場合など、ご本人のみの同意で手術を受けられることもあります。お困りの状況であれば、まずはご相談ください。

078-821-0303 お問い合わせはこちら