たなべ産婦人科日記

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2014.08.28更新

神戸市に開業してから約50年が経ちます。

中絶は手術をする範囲を目で見て確認できないので、医師の経験が問われます。
妊娠12週目までの初期中絶手術であれば日帰りも可能です。
妊娠中期(妊娠12から21週)の中絶は子宮、胎児ともに大きくなってきます。
初期中絶のようなことは困難で、母体にリスクがあり、子宮を傷つける場合があります。
そのため、中期になると手術を断る医院もたくさんありますが、20年の豊かな経験をもとに、きちんとした設備のある施設に入院して頂き、初期、中期の中絶手術に対応しています。

妊娠検診、出産、無痛分娩、低無量ピルによる生理、月経のコントロール、避妊をお考えの方に対してのピル処方、子宮筋腫、子宮内膜症、更年期障害、人工妊娠中絶まで幅広く対応しています。
お気軽にご相談ください。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.08.26更新

妊娠したかどうかが分かる主な症状としては、身体がだるくて熱っぽくなっていたり、胸がむかむかするや、生理日がいつもより遅れていたりする場合は妊娠している可能性が高いので、早めに受診していただきたいと思います。

予定外の妊娠であったり、産むつもりでなければ、12週目を過ぎてくると中前するには母体への負担が大きくなり、子宮外妊娠などしているようであれば、直ぐに治療をしなければいけなくなります。

当院は妊娠した女性に寄り添いながら丁寧に対応し、豊富な経験を活かして、初期や中期の中絶手術に対応しているので、安心して相談していただきたいと思います。

中絶手術ができるのは22週未満までなので、神戸方面で中絶手術をするかどうか一人で悩むことのないよう早めに相談していただきたいと思います。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.08.19更新

当院は、中絶手術でお悩みの女性を支えております。
デリケートな問題の中絶手術に対して、親身に対応をしてくれる病院をお探しでしたら、地域に根ざした神戸にある当院をご利用ください。

初期の中絶手術から難しい中期中絶手術まで、患者様のお力になることができます。
経験と実績のあるベテラン医師が担当しますので、ご安心下さい。

妊娠、中絶は女性の人生に最も大きな出来事です。
当院では患者様の決断されたお気持ちを尊重して、日々診療を致しております。
中絶手術をお考えの患者様は、お一人で悩まずに、できる限り早めに当院にお越しになることをお勧めします。

12週を過ぎると母子への負担も大きくなり、費用も高くなります。
メールでのご相談も行っておりますので、お気軽にご連絡下さい。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.08.14更新

もし、あなたやお知り合いの方が望まない妊娠をされて、中絶手術をお考えなら、是非設備の整った信頼できる病院で受けてください。

中絶手術は他の手術とは違い目視して確認ができないので、医師の技術と経験が非常に重要になってきます。
とくに、中期である妊娠12週目以降の手術になると、通常出産の形で中絶を行うことが多く、リスクも高くなるため拒否する病院が多いのも事実です。
当院では手術後、市役所に提出しなければならない死産届や胎児の埋葬などの代行も賜っております。

当院は神戸市において、長年の豊富な経験がございます。
妊娠された方の心を一番大切に考えており、様々な面においてサポートをさせていただきます。
妊娠の継続や中絶に関わらず、妊娠の可能性があるなら早めにご相談ください。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.08.06更新

女性にとって、妊娠、中絶は一生の中での大きな出来事となります。
産むのか産まないのかの判断も含めて、女性の気持ちに寄り添った診療を心がけています。

中絶手術は手術する範囲を目で見て確認することができません。
そのため、医師の経験が何より必要となってきます。
特に妊娠中期における中絶は母体に様々なリスクがあるため、手術を断る医院も多くなってきます。

当院では経験豊富な医師の診断と施術で初期中期ともに中絶手術を行うことができます。
他の医院で断られた神戸市の方も、是非一度相談にいらしてください。

母体保護法により、中絶手術の認められている時期は妊娠22週未満までです。
ご相談はお早めにいらしてください。
一緒に患者さまにとってベストな決断をしていきましょう。

投稿者: たなべ産婦人科

078-821-0303 お問い合わせはこちら