たなべ産婦人科日記

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2014.02.27更新

様々な事情で望まない妊娠をされたという方にとって、その心の葛藤というのは大変なものがあることでしょう。
中絶の決断を下そうと考えても、自分の体にかかる負担や将来のことなどを考えた時、どうしたらいいのかわからなくなる方もいらっしゃるでしょう。

そういうお悩みを抱えている方は、まず、妊娠の可能性があるかを診断するためにも、すぐに産婦人科を受診してください。
当院では、お悩みの女性のお気持ちに寄り添いながら、中絶への不安や疑問などについても丁寧にお答えしていきます。

もし中絶を希望される場合は、母体にあまり負担のかからない妊娠12週までの初期の段階で手術をされるのが望ましいのですが、長年の豊富な経験がある当院では、12週から21週までの中期の手術にも対応していますので、なるべく早くご相談ください。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.02.25更新

当院は、先代から数えると、地域に根付いて50年、患者様に寄り添った医療を心がけて日々診察をしております。

どんな方でも人工中絶をご決断するには、たくさんお悩みになったでしょう。
当院は、患者様が安心して手術ができるよう、プライベートな秘密は厳重に守り、患者様には少しでも気持ちが楽になるよう配慮いたします。

中には、妊婦さんとの同席を苦痛に思われる方も多く、当院では、ご希望があれば、待合室を別室に設けたり、お呼びする名前の変更なども承りますので、遠慮なくお話しください。
当院は、メールでのお問い合わせも随時受付しております。
遠慮なくご利用ください。

神戸市周辺にお住まいの方で、人工中絶をお考えの方は、設備の整った当産婦人科をご利用ください。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.02.19更新

女性にとって、中絶手術は非常にデリケートな問題です。
どうしても赤ちゃんを産むことはできないが、中絶手術が周囲に広く知られてしまうのではないかと、不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。

当院では、母体保護法の第27条によって定められている、守秘義務を徹底して守っております。
たとえご家族や知人の方から連絡をいただいても、ご本人様の許可なく、手術や経過について知らせることはありません。

人工中絶手術は、出来るだけ早い時期に行った方が、体への負担を小さくできます。
もし誰かに知られてしまうのでは、という不安が、判断を迷わせているのであれば、ぜひ当院にご相談ください。
神戸にお住まいで、悩みを抱えている方も多くいらっしゃいます。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.02.17更新

当院は、先代よりおよそ50年近く開業しており、地域に根付いた歴史のある産婦人科です。
特に中絶手術でお悩みの方には、親身になってご相談にのっています。

中絶手術は、妊娠12週目までの初期中絶手術とそれ以降の中期中絶手術にわけられます。
初期中絶手術は、患者様の状態にもよりますが、日帰りが可能です。
一方、中期中絶手術になりますと、通常の出産形式で行うため、分娩と同じリスクとなります。
週数が進めば進むほど患者様の負担も大きくなります。

当院は、長い歴史の中での豊富な経験のもと、できるだけ患者様の要望にお応えしています。

また、中期中絶については死亡届の提出が法律で義務付けられており、火葬による埋葬も必要です。
法律に沿って当院で手続き代行させていただきます。

投稿者: たなべ産婦人科

2014.02.06更新

予期せぬ妊娠をしたが子供を育てる環境が整っていない、パートナーとの関係が原因で産むことができない、様々な事情でお悩みのこともあると思います。

当院では、専門医が患者様の状態に応じた中絶手術のご相談に応じ、お悩みを解決できるようサポートします。
受診いただく環境にも配慮し、患者様のプライバシーを厳守致します。

週数によって手術方法も異なりますが、週数が経つほどリスクが高く、身体への負担は大きくなるので、早めの対応が重要です。
また、12週以降の中絶手術後には、自治体へ死産届の提出義務、役所に許可を得た上で火葬による埋葬の義務があります。

生理が遅れている、体調の変化がある、など妊娠の可能性がある場合は、できるだけ早い段階での受診をお勧めします。
お悩みの際には専門家にご相談いただければと思います。

投稿者: たなべ産婦人科

078-821-0303 お問い合わせはこちら