たなべ産婦人科日記

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2017.02.01更新

望まない妊娠でお悩みの方へ

母体への負担が増しますので、お早めにご相談ください

確実に避妊をするのが一番ですが、様々な事情により望まない妊娠をしてしまったため、お悩みの方もおられるはず。不安なお気持ちを抱えていらっしゃる患者様に寄り添い、一緒にどうしていくべきなのかを考えていきたいと思います。

望まない妊娠をしてしまった場合、人工妊娠中絶手術という選択肢があります。妊娠週数4週から11週6日までの初期の妊娠であれば、日帰りの負担の少ない手術が可能ですが、妊娠週数が経過すると、手術方法も異なり、母体への負担や費用が増すことになります。

ですので、現在、望まない妊娠でお悩みでしたら、手術を受ける、受けないは後から考えるとして、お早めに当院へご相談ください。神戸市灘区のたなべ産婦人科では、何でもご相談いただける雰囲気作りを大切にしています。お一人で悩まずに、まずは一度ご連絡ください。

たなべ産婦人科の人工妊娠中絶手術の5つの特徴

1.患者様のお悩みに寄り添います

望まない妊娠をしてしまったために、不安なお気持ちを抱えていらっしゃる患者様に寄り添い、一緒にどうしていくべきなのか考えていきます。

2.中期中絶手術が受けられます

妊娠週数12週から21週6日までの時期に行う人工妊娠中絶手術のことを、中期中絶手術といいます。多くの病院では、初期中絶手術(妊娠週数4週から11週6日まで)にしか対応していませんが、当院では妊娠週数12週以降も、人工妊娠中絶手術を受けていただくことができます。

ただし、中期中絶手術は、初期中絶手術とはリスクも方法も大きく異なりますので、できるだけお早めにご相談ください。

3.丁寧に手術内容をご説明します

人工妊娠中絶手術を受けるにあたって、色々と不安になるかと思います。そうしたお気持ちを少しでも楽なものにするために、手術内容や、術前・術後の注意点などについてわかりやすくご説明します。

4.豊富な経験・実績があります

当院は、長年、産婦人科診療に携わってきた実績を持ち、人工妊娠中絶手術に関しても、豊富な経験があります。術中・術後のトラブルが心配な方も、安心してお任せください。

5.「安心」のために設備・体制を整えています

当院には、入院施設がありますので、入院を必要とする中期中絶手術(妊娠週数12週から21週6日まで)にも対応しています。また、衛生管理を徹底し、患者様が何でも相談できる雰囲気作りを心がけたりしています。手術を受けられる患者様に「安心」をお届けするために、設備・体制を整えています。

投稿者: たなべ産婦人科

078-821-0303 お問い合わせはこちら